牛肉とトマトのオイスター炒め

貧血予防とエネルギーチャージにぴったりな牛肉に、ほのかな酸味がさっぱりとしていて心地よいトマトを合わせたおかずです。生理中、体調がよくないときにはなかなか牛肉を食べる気持ちにならないかもしれません。だからこそ、少し余裕がある時に積極的に取り入れることをおすすめします。中医学の世界では、体の中の「血」が少ないことが生理痛を引き起こす原因の1つになると言われています。

所要時間 ⏰ 10分

材料(1人分)
・牛薄切り肉 150g
・ミニトマト 5個
・長ねぎ 1/2本
【A】オイスターソース 大さじ1
【A】醤油 小さじ1
【A】みりん 小さじ2
・塩 ひとつまみ
・こしょう 適量
・油(ごま油、米油、サラダ油など)適量

作り方

1.ミニトマトは縦半分に切る。長ねぎは斜め薄切りにする。

2.フライパンに油をひいて中火で熱し、塩こしょうをふった牛肉を炒める。肉の色が変わってきたら1を加えてさっと炒める。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2021/10/西岡麻央-2-300x300.jpg
西岡先生

ごま油を使うとよりコクがUPします。食欲があり、体調が良い時にはぜひ使ってみてください。

3.【A】を加え、全体に味が絡むように軽く混ぜる。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2021/10/西岡麻央-2-300x300.jpg
西岡先生

ご飯にのせて丼にしても美味しい!

できあがり!

トマトから出る水分が調味液に加わることで奥深く、食欲をそそる1品に仕上がります。ご飯のお供にぴったりですよ!

教えてくれたのは…
野菜の料理家 西岡麻央先生
野菜の料理家 西岡麻央先生
パワーサラダ専門店のメニュー監修やCMサラダのレシピ提供など、野菜を使った料理の提案を得意とする。航空会社勤務時代に経験した不規則な生活の中で、直接身体に影響を与える”食”に対して強く興味を持つようになり、退社後は食のプロを育てる学校エコールエミーズにてディプロマを取得する。現在は企業向けレシピ開発や食関連の記事の執筆、テーブルスタイリングなどを中心に活動中。