アボカドと豆腐の和風サラダ

火は使わず、包丁も最小限の使用に抑えた簡単時短なヘルシーメニューです。しらす干しの塩気がアクセントになり、鉄分を多く含む食材なので生理中に嬉しい食材です。 とにかくお腹いっぱい食べたい!という方は、ご飯にのせて丼にしたり、パスタと和えたり、意外にもバゲットとの相性も良いのでおすすめです。

所要時間 ⏰ 5分

材料(1人分)
・アボカド 1/2個(種を取り除いておく)
・木綿豆腐 150g
・ミニトマト 4個
・玉ねぎ 30g
・しめじ 1/4袋
・こしょう 適量
【A】しらす干し 大さじ2
【A】青ねぎ(小口切り) 大さじ2
【A】醤油 小さじ2
【A】オリーブオイル 小さじ1
【A】おろしわさび(チューブ)1cm

【下準備】
木綿豆腐はペーパータオルで包んで水分を取り除き、食べやすい大きさにちぎっておく。ミニトマトは縦半分に切っておく。

作り方

1.ボウルに【A】を入れ、しっかりと混ぜる。木綿豆腐、ミニトマトを入れ、アボカドはスプーンで果肉をくりぬいて加える。全体に味がなじむまで混ぜる。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2021/10/西岡麻央-2-300x300.jpg
西岡先生

豆腐は手でちぎることで表面積が増え、調味液が絡まりやすくなります。

できあがり!

トマトは油と一緒に取ることでリコピンの吸収率が高まります。肌荒れしがちな生理中は、リコピンなどお肌の調子を整える栄養素を摂食的に!

教えてくれたのは…
野菜の料理家 西岡麻央先生
野菜の料理家 西岡麻央先生
パワーサラダ専門店のメニュー監修やCMサラダのレシピ提供など、野菜を使った料理の提案を得意とする。航空会社勤務時代に経験した不規則な生活の中で、直接身体に影響を与える”食”に対して強く興味を持つようになり、退社後は食のプロを育てる学校エコールエミーズにてディプロマを取得する。現在は企業向けレシピ開発や食関連の記事の執筆、テーブルスタイリングなどを中心に活動中。