生理不順は無排卵月経・不妊症の証?

月経に対するお悩みはさまざまなものがありますが、月経の調子が悪くなる理由の一つに無排卵月経があります。無排卵月経は不妊症の原因にもなるもの。ですので、女性としてはぜひ改善しておきたい病気です。

今回は月経の調子がおかしいとお悩みの方へ、無排卵月経に着目してその治療法をご紹介します。

生理がこない理由は?

生理がこない理由には生理不順の他に、婦人科系の病気、甲状腺の病気によるものがあります。婦人科の病気では、早期閉経、無月経が主に挙げられます。

<生理不順 (月経不順)>

月経の悩みで一番多いのが「月経不順」。つまり、規則正しく月経が来ないというものです。初潮からずっと月経不順という方もいらっしゃれば、受験や就職などをきっかけに数ヶ月間だけ一時的に不規則になったり、更年期の症状の1つとして40代後半から急に不規則になる方もいらっしゃいます。特に婦人科系の病気などがなくても生理不順になる方は大勢いらっしゃいます。

このような場合には、低用量ピルを服用することで生理周期をぴったり揃えることが可能です。クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで薬は最短当日発送いたします。

無排卵月経とは?どんな症状が出るの?

無排卵月経とは、医療用語では無排卵性周期症といいます。無排卵、つまり排卵が起こらないで月経が起きているということを言います。
そもそも月経とは「約1ヶ月の間隔で起こり、限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血」と定義されており、その周期は25~38日で、変動は6日以内としています。無排卵月経の場合は、この周期が長いことが多く、39日以上3ヶ月以内となることが多いです。

なぜ、月経周期が長くなってしまうかというと、これは月経のサイクルと排卵が関係しています。通常月経は、卵巣の中で卵子が育つ卵胞期、卵子が排卵される排卵期、排卵された後に子宮内膜が成熟する黄体期を経て、妊娠が成立しなかった場合に子宮内膜が剥がれ落ちて出血をし、月経が成立します。無排卵周期症の場合は、卵胞の成熟が遅れることにより卵胞期が長くなってしまうため、通常の生理周期よりも生理が起こる周期が長くなると考えられています。

しかし、月経周期が長いだけでは、無排卵月経かどうかを判断することは難しいでしょう。自分が無排卵月経かどうかを知るポイントは基礎体温にあります。

基礎体温とは起床時、寝床から出る前に図ることが推奨されている体温です。この基礎体温は寝床から出る前であり身体活動をほとんどしていない最小限の状態で計っているため活動エネルギーが低く、本来の体温を知ることができるのです。この基礎体温で月経周期を知ることができます。

通常卵胞期の体温は低く、排卵期を過ぎると体温が上がります。卵胞期は約2週間、黄体期も約2週間ほどであるとされており、この排卵期と黄体期では0.3~0.5℃体温が異なるとされています。体温上昇の理由には女性ホルモンが関係しており、排卵後は女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが、妊娠を成立させるために体温を上昇させます。体温が排卵前後で異なることから女性の一般的な基礎体温を2相性と呼びます。つまり、基礎体温を測定し、2相性ではなく体温の変動がほとんどない1相性であった場合には無排卵である可能性が高いと考えられるのです。

無排卵月経の特徴的な症状は、排卵周期が長いことと、出血量が少ないということです。無排卵月経の場合、経血はおりものくらいの量しかでないためナプキンが必要ないともいわれています。また、出血期間も1~3日ほどしか持続しません。

無排卵月経の原因は?

それでは、無排卵月経はなぜ起こるのでしょうか。無排卵月経は、病気でなくても初経から数年の卵巣機能が未熟な思春期や、卵巣機能が低下しつつある更年期の場合には起こることがあります。ですが、病気が原因で起こることもあります。その病気とは視床下部機能異常、多嚢胞性卵巣症候群です。

視床下部機能異常

視床下部は女性ホルモンを分泌するための指令を送っている部分です。
この部分の機能が異常となることで、女性ホルモンを分泌するための指令を送ることができなくなるため排卵のためのホルモンが分泌されなくなり、無排卵という状態が引き起こされます。

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群とは卵巣で男性ホルモンが多量に作られてしまうことによって排卵しにくくなる病気のことで、女性の20~30人に1人の割合で起こるといわれています。
黄体ホルモンの過剰な分泌や高インスリン血症が原因となると考えられています。ニキビや多毛といった症状が無排卵月経の症状とともにある場合には多嚢胞性卵巣症候群を疑っても良いでしょう。

例えば、前述した視床下部機能異常、多嚢胞性卵巣症候群といった病気の場合にはその病気に伴う症状があるため無排卵月経の可能性が分かりますが、こういった病気がない場合には、無排卵月経なのかどうかの判断が難しいです。
そのため、月経周期を基礎体温を測定して知っておくなどといった方法でしか、無排卵月経かどうかを知る手掛かりがないのです。

病院にいくと排卵されているか検査してもらえるの?

病院ですぐに排卵しているかチェックすることは難しいと言えます。無排卵月経かどうかを知りたいという方は、まず月経初日から3日以内の早い段階で産婦人科を受診し、超音波検査にて卵胞の成熟や排卵の有無などをチェックすること、また卵胞を成熟させるためのホルモンが分泌されているかもチェックすることができます。

これらの排卵の有無の検査に加えて前述した病気がないかも検査をして、無排卵月経の診断がつきます。

無排卵月経の治療法は?

無排卵月経は排卵をしていないため不妊症の原因にもなると考えられており、将来子どもが欲しいと考えている方はすぐに治療を受けられることを強くお勧めします。

無排卵月経の場合の治療方法は子どもが欲しいかどうかによっても異なります。子どもがすぐにでも欲しいという方に対してはお薬で排卵を誘発するという治療を行います。子どもが今すぐには欲しくないなどという方にはお薬でまずは月経周期を整える治療を行い、自然排卵ができるように治療を行っていきます。

気になる方はお近くの産婦人科を受診されることをお勧めします。

公開日:7月30日

監修:クリニックフォアグループ医師

 

関連記事