生理・ピル服薬管理がLINEでできる!便利なアプリ「sai+ダイアリー」を使ってみた

2022年2月18日にリリースされた生理・ピル服薬管理LINEアプリ「sai+ダイアリー」。sai+journalでもおなじみの山田先生・三輪先生による監修のもと、広告なしで全ての機能が無料で使えるという何とも太っ腹なこのアプリ、一体どんな便利な機能が備わっているのでしょうか。今回はsai+journal編集部が、開発チームのメンバーに話を聞きながら実際に使ってみました!

編集部AKI
編集部AKI
sai+ journal編集部員。学生時代から生理不順に悩まされており、先月から低用量ピルの服用をスタート。新しいことはどんどん試してみたい派だけど、ちょっと面倒くさがりなところもアリ。
開発部TAKAKO
開発部TAKAKO
LINEアプリ「sai+ダイアリー」開発チームのリーダー。自身もPMDDに毎月悩んでおり、その思いを元にアプリ開発にあたる。現在は引き続き、リリース後のアプリアップデートを開発継続中。

生理・ピル服薬管理LINEアプリ「sai+ダイアリー」が誕生した理由

ピルの服薬は毎日同じ時間に飲むというのが原則です。しかし、特に最初の2~3か月は服薬の習慣がつかなくて飲むのを忘れてしまったり、副作用が出やすいこともあり、何かとハードルがあるのも事実。それを少しでもテクノロジーの力でサポートできないかということで作られたのが、LINEアプリ「sai+ダイアリー」です。

編集部AKI:まずはLINEで友達になるところからスタートするんですね。アプリダウンロードの手間がなくて気軽に始められるのがいいと思います!はじめの設定までも迷うことなくスムーズに登録できました。

開発部TAKAKO:ありがとうございます!いわゆる普通のアプリだと、ダウンロードして、登録して、設定して……というのがちょっと億劫になってしまうこともありますよね。いざ使い始めても、通知がきているのにわざわざ確認しにいかないと気づかない、ということもあるかと思います。

編集部AKI:めちゃめちゃありますね。これは便利だぞ!と思ってダウンロードしたけど結局使わず、2ヶ月後とかに「これなんだっけ?」と思いながら中身も確認せずにそっと削除する……なんてこともありました。

開発部TAKAKO:せめて何のアプリだったかは確かめてください(笑)。その点LINEなら必ずプッシュ通知が来ますし、友達や家族との連絡などで1日1回はアプリを開きますよね。通知に気が付きやすいということで、LINEアプリとしてリリースすることになりました。

編集部AKI:アプリ自体はLINE通知がメインで、毎日決まった時間に服薬のリマインドをしてくれるんですね。機械的なリマインドが来るのかなと思ったら、毎日服薬に関するコメントがもらえるので、びっくりしました。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2022/03/アイコン-300x300.png

「飲んだ」を押すと、褒めてもらえるのも地味に嬉しい!(笑)

開発部TAKAKO:通知周りのコミュニケーションについては、最も力を入れたと言っても過言ではありません(笑)。毎日機械的なリマインドが来ると、服薬を忘れはしないかもしれないですが、アプリに愛着は湧きづらいですよね。自分でも使いたいアプリを目指したので、そこはこだわりたかったポイントの一つです。

編集部AKI:通知の他には、カレンダー画面で生理・出血日の予測や毎日の症状・基礎体温の記録ができるようになっていますね。ピル服薬や生理日については具体的にあと何日で出血があるかが明記されていて、これもすごい分かりやすいなと思いました。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2022/03/アイコン-300x300.png

あとから振り返って「ああこの日くらいからPMSだったんだ」と確認できるのも、自分のバイオリズムを知るために助かりますね。

開発部TAKAKO:はい、これらのメモは婦人科で相談する際などにも有効活用できますよ。あとは、右上の医師アイコンをタップしてみてください。


https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2022/03/アイコン-300x300.png

ここですね!

開発部TAKAKO:はい!ここからは、その時の身体の調子に合わせた、三輪先生からの体調に関するアドバイスや山田先生からの美容・スキンケアに関するアドバイスを確認することができます。sai+ journalの『カラダにいいことレシピ』を監修してくださっている料理家・西岡先生がおすすめ食材を紹介してくれるコーナーもありますよ。これらは体調の変化に合わせて、およそ4日程度で内容が入れ替わるように設計されています。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2022/03/アイコン-300x300.png

おおお、なんと親切な…!

困った時はアプリからオンライン診療の予約も可能!

LINEアプリ「sai+ダイアリー」では、生理中の不正出血やピル服薬の上で不安を感じた時に直接オンライン診療(別途診察料がかかります)を予約することもできます。

編集部AKI:アプリのさまざまな機能もそうですが、何か不安なことがあったらオンライン診療ですぐに医師に相談できるというのは心強いですね!よくある産婦人科にありがちな、妊婦さんたちと一緒に待合室で長時間待たなければいけなかったり(自分は出産するわけではないので何となく肩身が狭い…)、いきなり内診されるのかな?という不安もないので、相談する際の心理的な抵抗がグンと少なくなりそうです。

開発部TAKAKO:オンライン診療は婦人科以外の診療科もさまざま展開しているのですが、普通の病院に比べて待ち時間がほとんどありません。また事前に問診を入力しておいたりできるなど、最先端でスマートな利用体験となっているので、みなさん最初はその便利さにかなりびっくりされます(笑)。今回アプリから直接予約可能な低用量ピルの診察についても、困ったことがあれば手軽に予約を取れるので、ぜひ活用していただければと思いますね。

編集部AKI:体調に不安がある時や、ピル服薬の悩みについてすぐに診察してもらえるのは本当に助かりますね。家から出ないでスマホで診察を受けられるというのは、今までの婦人科通院からするとかなり画期的で、通院の概念が180度変わりそうです!

開発部TAKAKO:今回初めてのアプリリリースだったのですが、今後はさらに使いやすいデザイン仕様にアップデートしていこうと考えています。オンライン診療を除く、全ての機能が無料で使えるので、気軽に試していただきたいですね。詳しくは、アプリの公式ページもご覧になってみてください。LINEの友達登録が出来るほか、ユーザーの声や三輪先生・山田先生からのコメントも載っていますので、ぜひ下のバナーからチェックしていただけると嬉しいです!

編集部AKI:開発にあたって、リーダー自ら、PMS/PMDDの悩みを少しでも解決するためにチーム運営を行っているというのも説得力がありますね。引き続き、機能のアップデートや追加も楽しみにしています!

あわせて読みたいおすすめ記事