キャラメルバナナトースト

バターと砂糖でじっくりと焼いたバナナをトーストにのせた1品は、朝ごはんにもおやつにもおすすめです。ホットバナナは甘味が強く、食欲旺盛になりがちな生理中のお腹をしっかり満たしてくれますし、フルーツたっぷりな上にベースは食パンなのでスイーツよりもヘルシー!

所要時間 ⏰ 10分

材料(1人分)
・食パン(6枚切り)1枚
・バナナ 1本
・砂糖(グラニュー糖、てんさい糖など)大さじ2
・バター(有塩でも無塩でも可)10g
・シナモンパウダー 適宜

作り方

1.バナナは皮をむいて1.5cm厚さ程度に切り、両面に砂糖をまぶす。(砂糖は表面に大さじ1、裏面に大さじ1が目安です)

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2021/10/西岡麻央-2-300x300.jpg
西岡先生

糖質を控えている方は砂糖の量を少なくして調整してください。

2.バターを熱したフライパンに1を入れ、中火できれいな焼き色がつくまで両面焼く。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2021/10/西岡麻央-2-300x300.jpg
西岡先生

バナナを焼く際は、動かしすぎるとなかなか焼き色がつかないので、焼き色がつくのをじっくり待ってから裏返してください!

3.トーストした食パンに2をのせ、お好みでシナモンパウダーをかける。

https://sai-journal.clinicfor.life/wp-content/uploads/2021/10/西岡麻央-2-300x300.jpg
西岡先生

シナモンパウダーには、体を温める作用があります。

できあがり!

バナナはトリプトファンという成分が豊富。このトリプトファンは、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの生成に欠かせません。そのため、イライラしたり気持ちが落ち込みがちなPMS時にぜひ食べていただきたい食材です。体を冷やす食材でもあるので、火を入れて温めていただくことをおすすめします!

教えてくれたのは…
野菜の料理家 西岡麻央先生
野菜の料理家 西岡麻央先生
パワーサラダ専門店のメニュー監修やCMサラダのレシピ提供など、野菜を使った料理の提案を得意とする。航空会社勤務時代に経験した不規則な生活の中で、直接身体に影響を与える”食”に対して強く興味を持つようになり、退社後は食のプロを育てる学校エコールエミーズにてディプロマを取得する。現在は企業向けレシピ開発や食関連の記事の執筆、テーブルスタイリングなどを中心に活動中。