生理の量が少ない…茶色の不正出血の原因は病気のサイン?

生理の出血というと赤色を思い浮かべる人が多いと思いますが、茶色い出血が見られることもあります。原因として、どのようなことが考えられるのでしょうか。

経血が茶色くなる理由は?

血液はすぐに体外に排出されれば赤色で見られますが、血液が体内に長くとどまっていると酸化して茶色に変化します。つまり、経血が茶色い場合は子宮の中で長い時間留まっていたということになります。

病気や不正出血が原因でないのに茶色い経血が見られる事例として多いのが、タンポンの抜き忘れです。タンポンを紐までしっかり挿入してしまい、自分がタンポンを挿入していることを忘れてしまう人は結構いるんです。そうすると、子宮内で長い間溜まり続けている経血が酸化して、茶色く変色する原因に。タンポンを長期間抜き忘れてしまうと、感染を起こして敗血症を起こすこともあるので注意が必要です。

茶色い不正出血は病気のサイン?

茶色い経血が生理の前後にみられる場合は子宮内膜がうまく排出されずに残っていたものと考えられますが、それ以外のタイミングでの不正出血となると、病気の可能性があります。茶色い不正出血が見られる病気には子宮内膜炎、腫瘍、ホルモン由来のものの3種類があります。

・子宮内膜炎

子宮内膜炎とは、言葉の通り子宮内で起こる炎症のこと。何らかの原因によって子宮内膜に感染、炎症が起こり、その出血が少量で子宮内に残り続けたことによって、排出された時には茶色く酸化していることが考えられます。

・腫瘍

腫瘍の場合は子宮体がん、子宮内膜ポリープ、子宮粘膜下筋腫などが考えられます。子宮体がんの場合、がんの部分から少量の出血が見られ、この出血が子宮内で溜まることで、茶色い不正出血として排出されることがあります。子宮内膜ポリープ、子宮粘膜下筋腫とは、良性の腫瘍のこと。

・女性ホルモン由来

女性ホルモン由来の不正出血には卵巣機能不全が考えられます。卵巣機能不全とは、卵巣で作られているホルモンの分泌量が低下する状態のこと。これによって子宮の内部でダラダラと出血をし、その出血が酸化したことによって茶色い不正出血として排出されることがあります。

また、病気ではありませんが、低用量ピルの服用をされている方にも茶色い不正出血が見られることがあります。低用量ピルの副作用として、服用者の約20%に不正出血が起こるとされています。この不正出血も少量だった場合には子宮内にたまってしまい、酸化したものが茶色くなって体外に排出されることがあります。

茶色い不正出血がみられた場合どうすればいい?

茶色い不正出血について、低用量ピルを服用している場合や、おりものに混じって一度少量出た程度ということであれば様子を見ても良いでしょう。 茶色い不正出血が続く場合や、茶色い不正出血以外にも腹痛や性交痛などの症状が見られるという場合には、医療機関を受診して医師の診察を受けることをおすすめします。

監修:クリニックフォアグループ医師

 

参考文献

一般社団法人日本家族計画協会
日本成人病予防協会 

関連記事