少量の茶色い出血は生理? 不正出血の原因は病気のサインかも

不正出血とは、生理以外のタイミングで出血することを言います。不正出血で茶色い血が続けて出たり、おりものに血が混じっていたりすると、たとえ少量の出血でも「なにかの病気かも!?」と不安になりますよね。今回は、不正出血が見られたときの原因としてどんなことが考えられるか解説していきます。

不正出血が茶色くなる理由は?

血液はすぐに体外に排出されれば赤い色で見られますが、酸化すると茶色に変化します。つまり、茶色い不正出血は、生理による出血とは別で、長い時間体内にとどまったことで酸化してから排出された血液と考えられます。また『不正出血=茶色い出血』とは限りません。これは体外に排出されるまでの時間によるものなので、生理のときと同じように赤い色(鮮血)の不正出血をする場合もあります。血液の色だけで病気かどうかを判断することは難しいので、出血のタイミングや症状も注視する必要があります。

生理にまつわる不正出血

不正出血にまつわる原因としては大きく「生理にまつわる不正出血」と、それ以外の「妊娠や病気の可能性がある不正出血」の2つに分かれます。生理にまつわる出血の特徴はタイミングがわかりやすく、病気の心配をしすぎることはありません。不正出血が起きるタイミング別に、原因を解説します。

生理の数日前・生理開始時

子宮内膜は、生理前から血液を伴って少しずつ剥がれ始めています。微量のためすぐに排出されずに体内に留まって酸化し、本格的に生理が始まる直前や生理開始時に経血と一緒に排出されることが多いです。そのため、生理直前のおりものに茶色い血が混じっていたり、生理開始直後の経血が少し茶色いっぽく見えることがあります。その後、通常の赤い経血で生理が始まるようでしたら基本的には問題ないことがほとんどです。

生理直後

生理の経血が微妙に子宮に残ってしまうことがあります。微量のため排出されるまでに時間がかかり、経血が酸化することで茶色くなることもあります。これが原因で、生理が終わったと思ったのに数日後に少量の経血が急に出たり、おりものに血が混じったりする人もいます。

生理と生理の間(排卵期)

生理と生理の間の排卵期に、微量の出血をすることがあります。これを排卵期出血(別名:中間期出血)といいます。例えば生理周期が28日の場合、前回の生理から約2週間後がこの排卵期にあたります。下腹部にチクチクとした痛み(排卵痛)を伴うこともあります。毎回出血するわけではない人がほとんどなので、急に出血して驚く方も多いかもしれませんが、2日ほどで終わることがほとんどです。

ピル服用中

低用量ピルを服用している人の中で約20%は、副作用として不正出血が起こることがあります(※)。特に「低用量ピルを服用し始めたばかりの人」や「低用量ピルを飲み忘れてしまった」場合に不正出血が起こることが多いと言われています。たいていは5〜7日程度で終わると言われていますが、それ以上続く場合は、一度婦人科に相談してみましょう。

病気の可能性がある不正出血

先述の「生理にまつわる不正出血」で紹介したタイミング以外での不正出血となると、病気の可能性があります。ここからは、不正出血で考えられる病気と、それぞれ一緒に起こりうる症状も紹介するので、心当たりがある場合はすぐに産婦人科・婦人科を受診しましょう。

子宮筋腫

30代以上の発症が多く、子宮の筋肉(平滑筋)が由来の、良性の腫瘍(しゅよう)のことです。不正出血の際にレバーのような血の塊が出ることがあります。筋腫の大きさや場所により、頻尿・便秘・腰痛、過多月経などの症状がともないます。

子宮内膜炎

何らかの原因によって子宮内膜に感染、炎症が起こり、出血につながることがあります。強い下腹部の痛み、腰痛、おりものの増加、黄色や緑色のおりもの、排尿痛、性交痛などが症状としてあげられます。

ポリープ

子宮内や子宮頸部にポリープ(良性の腫瘍)が発生することで、生理の際に子宮内膜をうまく排出できず、少量の残った出血が、生理とは違うタイミングで後から排出されることがあります。ポリープは柔らかいので痛みなどの症状は伴わず、性交時の刺激やいきみなどで出血することがあります。

子宮頸がん

子宮頸部にできる悪性腫瘍のことです。初期症状はほとんど見られませんが、がんが進行すると不正出血、茶褐色もしくは黒褐色のおりもの、ひどい月経痛などが見られます。30〜40代の発症が多いとされています。

子宮体がん(子宮内膜がん)

子宮体部にできる悪性の腫瘍(しゅよう)で、最も多い自覚症状が不正出血です。不正出血の発症時期が更年期や閉経後にある場合は要注意です。ほかにも、排尿痛、性交痛、ひどい月経痛に似た下腹部の痛みなどの症状が挙げられます。

ほかにも考えられる不正出血の原因

生理にまつわる不正出血、病気の可能性がある場合の不正出血について説明してきましたが、着床出血(妊娠)と女性ホルモンの乱れによる不正出血の可能性もあります。どちらも不正出血以外の症状は明確ではないので、心配な場合は産婦人科の受診が必要です。

着床出血

子宮内膜に受精卵が着床するときに起こる出血のことです。しかし、妊娠した人誰しもが必ず着床出血するわけではなく、着床出血がない人の方が多いとも言われています。出血量は、おりものに若干混じる程度の少量の人もいれば、通常の生理と同量の人もいるため、量では判断できません。着床出血は妊娠4週目のタイミングで起こることがほとんどで、生理よりも短い1〜3日程度で終わることが多いです。妊娠検査薬や産婦人科での検査をおすすめします。

ホルモンバランスの乱れ

10代(思春期)の人や、閉経前の更年期の人は女性ホルモンのバランスが特に崩れやすく、それが原因で不正出血が起こる場合があります。10代の人は、初潮から数年経つと生理周期が落ち着いてくるはずです。初潮から何年も経っているのにいまだに不正出血があるという人は、婦人科で検査をしてもらいましょう。また、更年期の不正出血は、閉経に向けた準備と言われていますが、子宮体がんの可能性も否定できません。婦人科で検査を受けておくと安心です。

不正出血が見られた場合どうすればいい?

不正出血は、すべてが茶色い出血とは限らず、生理と同じように鮮血の場合もあります。血の色だけで判断するのではなく、そのタイミングや伴う症状によって、考えられる原因はさまざま。生理以外の不正出血は、低用量ピルを服用している場合や、おりものに混じって一度、もしくは数日間だけ少量出た程度であれば様子を見ても良いでしょう。ただし、1週間以上不正出血が続く場合や、不正出血以外にも痛みやその他の症状をともなう場合は、産婦人科・婦人科を受診して医師の診察を受けることをおすすめします。

教えてくれたのは…
山田光泰先生
山田光泰先生
産婦人科専門医。大学病院等で不妊治療を中心とした最先端の医療に従事しつつ、厚生労働医系技官として母子保健施策の推進にも携わってきた。現在は、女性のライフステージに応じたウェルネス向上をサポートすべく、テクノロジーを活用した課題解決にも取り組む。

参考文献
※日本産婦人科学会編 OC・LEPガイドライン 2020年度版

あわせて読みたいおすすめ記事