「我慢できない生理痛」は、子宮内膜症かも!? 症状や治療法も解説

毎月の生理痛が、仕事や日常生活に支障が出るほど重い、痛み止めを飲んでも痛みが治まらない、以前に比べて痛みが増している、という人は『子宮内膜症』の可能性があります。子宮内膜症は、生理中の症状だけでなく、日常にも影響を及ぼすことがあります。子宮内膜症とはどんな病気なのか、詳しい症状や原因、放置した場合のリスクについても解説します。

教えてくれたのは…
山田光泰先生
山田光泰先生
産婦人科専門医。大学病院等で不妊治療を中心とした最先端の医療に従事しつつ、厚生労働医系技官として母子保健施策の推進にも携わってきた。現在は、女性のライフステージに応じたウェルネス向上をサポートすべく、テクノロジーを活用した課題解決にも取り組む。

子宮内膜症のメカニズム

子宮内膜症は、病名にあるように「子宮内膜」という組織が関係しています。子宮内膜とは、子宮で受精卵を受け止めて育てる組織のこと。毛布のような役割をしています。毎月この子宮内膜は生成され、妊娠しないと役割を終えた子宮内膜が血液とともに腟から排出されます。これが生理のことで、排出される際の子宮の収縮が生理痛を引き起こします。
生理とは
子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれに似た組織が、本来あるべき子宮内ではなく、子宮の外である腹膜や腸の表面などで発達することです。通常の子宮内膜と同じように生理前に毎回増殖するものの、生理と違って体外に排出されないので、特定の場所で出血をくり返してしまいます。これが原因で、子宮以外のところに痛みをともなったり、排出されない血液が溜まることで炎症を起こしたりして、体にさまざまな症状をもたらします。

生理がある女性の10人に1人は発症していると言われる子宮内膜症。生理の際に卵管を伝って子宮内膜がお腹の中に逆流してしまうことが一因と考えられていますが、その明確な原因はいまだ判明していません。20代〜30代がもっとも発症リスクが高く、女性ホルモンが減少する40代以降は発症頻度も減ると言われています。

子宮内膜症の症状は?

子宮内膜症の代表的な症状は生理(月経)痛で、そのほか、腰痛、排便痛、性交痛といった症状が見られます。生理のとき以外で痛みを感じる人もいますが、生理中や性交のときなど限定的にしか痛みを感じない場合もあるため、見落とされやすい病気です。
うずくまる女性
子宮内膜症はそれ自体が直接命にかかわる病気ではないですが、子宮内膜症によって起こることが考えられる大きな問題が「不妊症」です。妊娠希望がある子宮内膜症患者の約30%が不妊の状態にあるとされています。ほかにも、もしも卵巣内に子宮内膜症が発生すると、卵巣の中で出血を繰り返し、「チョコレートのう腫」という、稀にですが、将来的にがん化する可能性のある疾患に発展することもあります。

子宮内膜症の検査と治療は?

先述の通り、子宮内膜症は人によって痛みを感じる場所や頻度にバラつきがあるため、自覚しづらい病気です。下記のいずれかの症状が1つでも見られる人は、一度、婦人科(もしくは産婦人科)を受診してみましょう。
子宮内膜症チェックリスト
病院では、問診、超音波検査、MRI検査、触診などによって、子宮や卵巣の様子を診察します。子宮内膜症と診断された場合、その治療方法は薬物療法と手術の2種類があります。症状や重症度、年齢、妊娠の希望などさまざまなことを総合的に判断して、最適な治療法を選択していきます。

薬物療法では、鎮痛剤のほか、女性ホルモンを抑制する薬を服用することで症状を軽減させます。その1つとして挙げられる低用量ピルは長期的に使用できることが特徴で、生理痛だけでなくPMS(月経前症候群)の改善にも期待ができます
※低用量ピルを服用することによって子宮内膜症の軽減、PMSの症状改善が期待されますが、まれに副作用が起きる場合もあります。また、効果・効能・副作用の現れ方は個人差がございます。医師の診察をうけ、診断された適切な服用方法をお守りください。
ピルのサンプル写真
手術による治療は、症状の原因となっている子宮内膜症病変、もしくは妊娠・出産を希望していない人の場合は子宮や卵巣をすべて摘出することで治療を試みます。妊娠を希望する場合でも受けることができますが、発症した場所によっては手術が難しいことがあります。よほど重症の場合を除き、お腹を大きく切る必要のない腹腔鏡(ふくくうきょう)手術を行います。子宮内膜症は、手術をしても再発する可能性があるため、婦人科系の疾患の中でも長期的に経過を見ていくことが必要な病気です。