子宮筋腫とは?症状や検査・治療法などについて

婦人科系の病気のひとつである子宮筋腫。幅広い世代の女性がかかる可能性のある病気となります。

子宮筋腫がどのような病気なのか、治療をして治る病気であるのかなどを詳しく解説していきます。

子宮筋腫ってどんな病気?原因は?

子宮筋腫とは、子宮を構成している平滑筋という筋肉組織が関係する腫瘍で、子宮の筋肉が瘤のようになる病気です。腫瘍と呼びますが、良性の腫瘍ですので、子宮筋腫そのものががんになるというようなこともありません。ですが子宮筋腫だと思っていたけれど精密検査を受けた結果、子宮肉腫というがんであったというケースもあり、その割合は0.5%ほどとされています。子宮筋腫は小さなものも含めると、30歳以上の女性の20~30%にみられます

子宮筋腫ができる原因は、女性ホルモンが関係しており、女性ホルモンの一種である卵巣ホルモンのエストロゲンによって発育します。そのため、生理がある女性の40~60%に見られるともいわれています。

子宮筋腫の症状は?子宮筋腫になるとどうなるの?

子宮筋腫の主症状は月経痛と過多月経といい、月経時の出血量の増加です。また、月経期間が長くなる過長月経や出血量の増加に伴う貧血も子宮筋腫による症状としています。さらに、子宮筋腫の腫瘍がお腹を触って触れることができる場合もあります。

これらの症状以外にも筋腫が進行することで、周囲臓器を圧迫し、頻尿、排尿困難、便秘、腰痛などの症状が出てくることがあります。

子宮筋腫は筋腫のできる場所によって3つの種類があり、このできる場所によって子宮筋腫になった後の状態が異なってきます。

子宮の筋肉の中にできる子宮筋腫を筋層内筋腫といいます。小さいものでは症状がありませんが、大きくなると不正出血や流産、早産の原因になります。

子宮の内側にできる子宮筋腫を粘膜下筋腫といいます。こちらは、不正出血や不妊症の原因となります。子宮の内側にできた子宮筋腫は小さくても症状が強いことが特徴です。

子宮の外側にできる子宮筋腫を漿膜下筋腫といいます。こちらについては、筋腫が大きくなるまで症状が乏しく、なかなか気づかれにくいという特徴があります。ですが、筋腫の根元がねじれることで、激痛が起こることがあります。

子宮筋腫の検査と治療方法は?

子宮筋腫かどうかは産婦人科で調べることができます。現在生じている症状の確認以外に3つの検査を行って診断をつけます。

1つ目は内診で、子宮全体の大きさや形を確認します。

2つ目は超音波検査です。超音波検査は筋腫の位置や筋腫の大きさなどによって検査方法を変えていきます。膣の付近に存在する粘膜下筋腫や筋層内筋腫である疑いがある場合には経膣超音波検査といい、膣の中にエコーを挿入し、子宮の中から超音波の検査をします。筋腫がどちらかというと腹部側に近く、大きい筋層内筋腫や漿膜下筋腫には、経腹超音波検査といい、お腹の上から超音波の検査を行います。

3つ目はMRI検査で、こちらで子宮筋腫の位置や大きさを詳しく確認していきます。

子宮筋腫の治療方法は主に2つあります。

1つは薬物による治療です。薬物治療には偽閉経療法と対処療法があります。

偽閉経療法とは女性ホルモンの含まれる薬剤を使用して子宮筋腫の原因となる女性エストロゲンという女性ホルモンの産生を抑えることによって筋腫を縮小させていく方法です。この薬剤は点鼻で投薬することが多いのですが最近内服薬も出始めています。骨減少などの副作用もあるため6ヶ月以上治療を続けることはできません。また、薬剤の使用をやめてしまえばまた筋腫は大きくなっていきます。そのため、閉経が間近となっている場合や、重篤な合併症のために手術を避けたい場合、子宮筋腫があまりに大きいため手術の前に小さくしたいという方の手術前の治療のためなどに行われます。

対処療法とは、子宮筋腫による症状を緩和するための治療方法です。経血の量が多いことによって貧血を起こしているという場合には鉄剤が処方されますし、月経痛に悩んでいるという場合には鎮痛剤が処方されます。月経困難症の改善目的で低用量ピルを使用することもあります。ただし、根本的な解決には至らないため、筋腫が小さくなるということもありません。

もう1つは手術による治療方法です。子宮筋腫を治すための治療方法には、4つの方法があります。

1つ目は、子宮全摘出術といい、言葉の通り子宮をすべて摘出してしまう治療方法です。妊娠の希望や予定がないため、子宮を温存する必要性がないという場合に行われます。

2つ目は、子宮筋腫核出術といい、筋腫の部分だけをくりぬく方法です。子宮を残しておくことができるため、妊娠を希望する方や妊娠をすることが可能な年齢の方に行うことが多いです。子宮自体は残しているため別の部分に筋腫が再発するというリスクはあります。

3つ目は、子宮鏡下子宮筋腫摘出術といい、上記と同じように筋腫のみを切除するのですが、この治療は子宮内膜にできた比較的小さい筋腫が対象となります。

4つ目は子宮動脈塞栓術(UAE)といい、子宮動脈の血管を塞栓することで、子宮筋腫に栄養を送る血流を遮断し、筋腫を壊死させる治療方法です。大きな手術を受ける体力がないという方などにはお勧めな治療方法なのですが、合併症を引き起こす可能性があったり、妊娠の機能を低下させたりすることがあるため、妊娠を希望する方にはあまりお勧めできません。また、現時点では保険適応となっていません。

基本的には薬物療法からスタートし筋腫の大きさやライフスタイルなどのよって手術を検討されるということが多いです。

また、子宮筋腫自体が小さい場合や、無症状の場合には治療をせずに経過観察とする場合もあります。

監修:クリニックフォア医師

公開日:9月28日

参考文献

公益社団法人日本産科婦人科学会 https://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=8

公益社団法人日本婦人科腫瘍学会 https://jsgo.or.jp/public/kinshu.html

日本医科大学付属病院 https://www.nms.ac.jp/hosp/section/female/guide/cure005.html

東京逓信病院 https://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/shinryo/fujin/shikyu02.html

関連記事