子宮内膜症とは?症状や検査・治療法などについて

婦人科系の病気としてその名前を聞くことの多い、子宮内膜症という病気。子宮内膜症とはどんな病気なのかを詳しくご説明します。

子宮内膜症ってどんな病気?原因は?

子宮内膜症とは、子宮の内膜あるいはそれに似た組織が、本来あるべき子宮の内側以外で発達することによってさまざまな症状を引き起こす病気です。子宮内膜症ができやすい部分としては、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみであるダグラス窩、子宮を後ろから支える靭帯である仙骨子宮靭帯、卵管や子宮と膀胱の間のくぼみである膀胱子宮窩などがあげられます。非常に稀ではありますが肺や腸にもできることがあります。

子宮内膜症の原因は現在も不明ではありますが、月経のたびに悪化することから女性ホルモンが関係しているということが考えられています。月経のときに月経血が腹腔内に逆流することがあるのですが、月経のたびにこの現象が起こることで発症したり振興したりすることも考えられています。子宮内膜症は、女性の10人に1人がかかる病気ともいわれており、非常にポピュラーな婦人科系疾患であるといえます。20~30代の女性で発症することが多く、そのピークは30~34歳にあるとされています。

女性は、女性ホルモンのバランスによって妊娠しやすいように子宮内膜を厚くしていきますが、妊娠しないとこの内膜は剥がれ落ちて生理が起こります。一昔前の女性は、早い年齢から子どもをたくさん産むため、妊娠や出産に伴い、生理が来ない期間も現代の女性より多くありました。実際に現代の女性が一生の間に経験する月経の回数は約450回になりますが、100年前は約50回と算出されています。一生涯に経験する月経の回数が多くなったことで子宮内膜症の患者数も増加傾向にあることが分かっています。

子宮内膜症の症状は?子宮内膜症になるとどうなるの?

子宮内膜症の代表的な症状は月経痛で、子宮内膜症の90%ほどの女性が月経痛を経験します。生理痛で日常生活に支障が出る、寝込んでしまう、薬が手放せないというような方は、子宮内膜症の可能性が高いと考えられます。ほかにも、腰痛や下腹痛、排便痛、性交痛といった症状が見られます。

子宮内膜症は直接命にかかわる病気ではなく、月経や性交の時にしか症状が出ない、子宮の病気を連想しにくいということもあり、見落とされたり軽視されやすい病気ではあります。ですが、子宮内膜症によって起こることが考えられる大きな問題が不妊症です。妊娠の希望のある内膜症患者さんの約30%に不妊の状態にあるとしています。

また、卵巣の内部に子宮内膜が増殖することで出血した血液が卵巣にたまってチョコレート状になる、チョコレートの胞という病気になることがあります。チョコレートのう胞はがん化することもあり、チョコレートのう胞のおよそ1%ががん化してしまうことも分かっています。

子宮内膜症の検査と治療は?

子宮内膜症であるかどうかは、問診を行い、子宮内膜症の症状が出ているかどうかに加えて、月経の時の状態や初経の年齢、家族に子宮内膜症の方がいるのかなど細かくチェックしていきます。

次に、内診といい、子宮内に指を入れて子宮や卵巣の状態を確認し、さらにお腹の上や子宮の中から超音波検査を行い、子宮や卵巣の様子を確認します。これで、約80%は診断を確定することができます。さらに子宮内膜症かがんかを確認するためにもCTやMRIの検査を行います。この段階で約90%以上診断をつけることができます。子宮内膜症かどうかの確定診断は、この段階でつけることが難しく、治療をするあるいは、手術をして子宮の中を直接見ない限りは、確定診断をすることはできません。

子宮内膜症の治療は、薬物療法と手術の2種類があります。薬物療法には3つの治療方法があります。

1つ目は、偽閉経療法といい、薬剤を使用して閉経レベルにまで女性ホルモンの濃度を下げる方法です。生理をこさせなくすることで、内膜症を小さくしていくことを目的としています。このお薬を6ヶ月以上投薬することができないことが特徴です。

2つ目は黄体ホルモン療法といい、子宮内膜症の原因になっていると考えられる女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌を抑制することで、子宮内膜の増殖を抑える方法です。

3つ目は偽妊娠療法といい、低用量ピルを使用することによって女性ホルモンの分泌量を抑え、子宮内膜症の諸症状を改善していきます。他のお薬は長期的に使用することができないのですが、低用量ピルはっ薬物療法の中でも唯一長期的に使用することができるということが特徴です。

これらの薬物療法は、基本的に症状の緩和や改善をすることはできるもののの根本的な改善には至らず、根本的に子宮内膜症を改善するには手術が必要です。

手術療法も3つの方法があります。1つ目は根治療法といい子宮や卵巣をすべて摘出するという方法です。子宮内膜症の症状が非常に重症であり、閉経も近い年齢の場合に選択される治療方法です。

2つ目は準根治手術といい、卵巣を残し子宮をすべて摘出する方法です。卵巣を摘出すると更年期障害のような症状を引き起こしてしまうため、それを回避する目的で行います。妊娠を望まれない場合や重症の場合に選択される方法ですが、症状が進み、周辺の臓器とくっついてしまう癒着という状態が起こっていると卵巣のみ残すということは難しくなります。

3つ目は保存治療といい、子宮内膜の病変部や癒着をしている部分のみ取り除く方法です。未婚の場合や妊娠・出産を望まれる場合などに行います。この手術方法のみ、腹腔鏡か手術といい腹腔鏡を用いて治療を行うことができ、小さい傷を残すのみで手術を行うことが可能です。

子宮内膜症は手術をしても再発する可能性があることや、卵巣チョコレートのう腫などがん化する可能性があることから、婦人科系の疾患の中でも長期的に経過を見ていくことが必要な病気でもあります。

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:9月28日

参考文献

公益社団法人日本婦人科腫瘍学会 https://jsgo.or.jp/public/naimaku.html

日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=9

鳥取大学医学部 http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/introduction/3105/3106/21199.html

持田製薬 http://www.mochida.co.jp/naimakusho/sp/disease_qa.html#about01

キッセイ薬品 https://www.kissei.co.jp/patient/women/endometriosis/

関連記事