子宮頸がんとは?知っておきたい検診・ワクチンについて

女性がかかる女性特有のがんの代表格でもある子宮頸がん。子宮頸がんについて知っておくことで、子宮頸がんを予防したり早期発見につながったりすることができます。

子宮頸がんとはどんな病気なのかを詳しく解説していきます。

子宮頸がんとはどんな病気?原因は?

子宮頸がんとは子宮の頸部にできるがんのことを言い、子宮にできるがんの約7割を占めます。子宮頸がんは子宮の入り口の子宮頸部から発生します。子宮の入り口付近に発生することから、婦人科の診察で観察や検査がしやすく、発見されやすいがんでもあります。

子宮頸がんは進行のスピードが遅く、がんになる前に子宮頸部の組織にがんになりうる細胞が増える異形成という状態が見られます。この状態で子宮頸がんになりうる組織を取り除くことができればがん化することもなく、予後も良好で妊娠や出産も望めます。早期に発見すればするほど、比較的治療しやすく予後も良好ではありますが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要ながんとなります。

一昔前までは40~50歳代が発症のピークにありましたが、近年では20~30代の方に発症者が多く、ピークは30代後半としています。毎年約1万人の女性が子宮頸がんにかかり、約3000人が死亡しているというデータがあります。

子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルスの感染です。ヒトパピローマウイルスは性行為によって感染するウイルスですので、性行為の経験がある方は感染している可能性が高いウイルスであり、性交経験のある女性の過半数は、一生に一度は感染機会があるともいわれています。ヒトパピローマウイルスは150種類以上あるとしていますが、その中でも子宮頸がんになると考えられているのがハイリスク型のHPV16,33,52,58型などとローリスク型のHPV6,11型などになります。ハイリスク型の方が進行を誘発するものの、ハイリスク型であっても異形成の状態で発見するとがん化する可能性は20%程度と考えられています。

ヒトパピローマウイルスは約90%が感染をしたとしても自然に排除されていくとしています。しかし残りの10%程は、長期的な感染が続き、異形成という状態にまで進行してしまいます。

子宮頸がんの症状は?子宮頸がんになるとどうなるの?

子宮頸がんは初期の場合にはほとんど自覚症状がありません。がんが進行していくと濃い茶色や膿のようなおりものが増えたり、水っぽいおりものや粘液が多く出るようになったり、月経以外の不正出血、性行為の際の出血が見られます。さらに症状が進むと、尿や便に血が混じる、下腹部や腰の痛みなどが見られます。

子宮頸がんは、そのまま進行すると骨盤の中のリンパ節に転移したり、子宮を支えている靱帯を伝って広がったりしていきます。また、血管やリンパ管を通って肺などの子宮から遠い臓器に転移したりすることがあります。

子宮頸がんの検査と治療方法は?

子宮頸がんかどうかの検査で最も行われるのが細胞診です。子宮頸部の細胞をブラシなどでこすり取って検査を行う方法で、この検査の子宮頸がんにおける診断率は99%以上という信頼性です。症状が出る前の異形成の状態で子宮頸がんが発見できる場合は、たいてい子宮頸がん検診の際にこの細胞診を行って見つかるパターンがほとんどです。この検査によって子宮頸がんである可能性が高い場合には、コルポスコピーという拡大鏡で病変部の観察をしつつ、子宮頸部の組織の一部を取る生検という検査をし、子宮頸がんであるかどうかやがんの種類等を見ていきます。そして、がんであるということが確定した場合には、内診・直腸診、超音波検査、CT検査、MRI検査、PET検査等を行い、がんが転移して伊那かどうかなどを確認した上で、がんがどのくらい進行しているかなどをチェックします。

子宮頸がんの治療は、がんの状態によって異なります。異形成の段階や比較的早期にがんを発見できたという場合には、妊娠・出産の希望がある場合には子宮頸部円錐切除術にて、子宮の入り口付近のみを部分的に切除し、子宮を温存します。妊娠を望まないという方は子宮頸部を含む子宮全摘出を行います。この状態よりも少しがんが進んでいるという場合には、準広汎子宮全摘出術といい、単純子宮全摘出術よりも少し広めに子宮を切除します。この時に子宮だけでなく子宮を刺させている靭帯や、膣も2cm程度切除します。

さらにがんが進行しているという場合には広汎子宮全摘出術を行い、子宮と一緒に、基靭帯や腟を大きく切除し、骨盤内のリンパ節も一緒に切除します。がんを大きく取り除けるのですが、排尿トラブルや性生活への影響など後遺症を残すことがあります。周辺の組織にがんが浸潤しているという場合や、肺などに転移をしているという場合、手術をしてがんが取り切れないという場合には手術を行わずに化学療法や放射線療法で治療をしつつ、がんによる苦痛症状を和らげる治療を行います。

子宮頸がんは早く見つけることができれば生存率が高く、子宮頸がんの初期であれば95%の生存率となっています。一方、進行すればするほど予後は悪く、1番重度の状態ですと生存率は25%程度と報告されています。

子宮頸がんは予防できる?

子宮頸がんは予防できるがんともいわれており、原因となるヒトパピローマウイルスの予防接種を行うことでがんを予防することができます。子宮頸がんを予防できるHPVワクチンを接種することで約70%の子宮頸がんを予防できるとされています。

子宮頸がんワクチンは小学6年生~高校1年生相当の女子が推奨年齢とされていますが、この推奨年齢でなくても45歳くらいまでの女性であればワクチンを接種することができます。効果は20年くらい続くと予想されていますので、子宮頸がんの予防のためにぜひご活用ください。

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:9月28日

参考文献

国立がん研究センター https://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/

公益社団法人日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=10

がん研有明病院 https://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/womb.html

https://www.know-vpd.jp/vpdlist/hpv.htm

関連記事