卵巣腫瘍ってなに?症状や検査・治療法について

日常生活に支障をきたすことの少ない腫瘍といわれる卵巣腫瘍。ですが、放っておけばさまざまなトラブルに見舞われる可能性もあります。

卵巣腫瘍とはどのような病気なのかを詳しく解説していきます。

卵巣腫瘍ってどんな病気?どんな種類があるの?

卵巣腫瘍とは、卵巣にできるさまざまな腫瘍の総称です。卵巣は病気が起こっていなければ、2~3cmぐらいの大きさの腫瘍です。しかし、腫瘍ができればこのサイズよりも大きなサイズとなり、大きいものでは30cmを超えることもあります。

卵巣腫瘍は、腫瘍が発生した起源別に、表層上皮性・間質性腫瘍、性索間質性腫瘍、胚細胞腫瘍などに大別されます。さらに、良性腫瘍、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍と分類されていきます。悪性腫瘍では卵巣がん、良性腫瘍では、卵巣のう腫等が該当します。卵巣腫瘍は約90%が良性で、約10%が悪性であるというデータがあります。

卵巣腫瘍の症状と原因は?放っておくとどうなる?

卵巣腫瘍は初期の場合症状がほとんど見られないということが特徴です。そのため、卵巣腫瘍に初期の段階で気づくことは難しく、何かの検査の際に偶然発見できたということが多々あります。

ですが、症状が進行していくと、月経痛や腹部膨満感といった症状が出現します。腹部の膨満感は人それぞれで、ズボンなどのウエストがきつくなったというように感じる方もいます。

卵巣の腫瘍が大きくなってくると、お腹を触って腫瘍に触れられることもあります。卵巣腫瘍が20cm以上を超えると卵巣の腫瘍によって周辺の臓器が圧迫されるため、頻尿、便秘といった症状や、大きくなった卵巣の腫瘍がリンパ管の圧迫や静脈の還流障害を起こすことで、下肢の末端の血液が心臓へ戻りづらくなり、浮腫を引き起こすこともあります。さらに大きくなった腫瘍に卵巣を支える茎の部分が支えきれなくなってしまうと、卵巣の茎の部分がねじれる卵巣腫瘍茎捻転を引き起こし、激しい腹痛に見舞われることもあります。ほかにも、卵巣の腫瘍が大きくなって破裂してしまうと激しい腹痛や血圧が低下してショック状態に陥るなどとなり、緊急手術が必要となることもあります。そのため、早期発見が非常に難しい病気ではありますが、なるべく早く見つけて治療をすることが望ましいのです。

子宮の病気は不妊に直結するということも少なくないのですが、卵巣腫瘍の場合腫瘍があっても排卵などの機能はしていることから、妊娠への影響も少ないと考えられています。

卵巣腫瘍の原因はそれぞれはっきりとわかっているものがありません。卵巣の良性腫瘍である卵巣のう腫については、子宮内膜症が原因であると考えられています。ですが、子宮内膜症の原因がまだ解明されておらず、現時点では女性ホルモンの一種であるエストロゲンが由来していると考えられており、すなわち、生理がくることによって、子宮内膜症が悪化し、卵巣の腫瘍も大きくなっていってしまうと考えられています。

卵巣腫瘍の検査と治療方法は?

卵巣腫瘍の検査は、まず問診を行って自覚症状の有無などを確認します。次に、経腟超音波検査といって膣の中に超音波を挿入して、子宮の中から直接超音波にて卵巣の大きさや内部の状態などを観察します。

この検査で卵巣に腫瘍ができている可能性が強くなった場合には、CTやMRI検査などの画像検査を併用していきます。この検査では卵巣の状態だけでなく子宮、膀胱、直腸などの他臓器との関係や腫瘍内部の性状、リンパ節の腫大の有無などを観察していきます。卵巣腫瘍の確定診断はこれらの検査のみでは難しく、手術によって組織を切り取り、その組織や細胞を検査をすることで初めて良性、境界悪性あるいは悪性であるかの診断をすることができるのです。

卵巣にできた腫瘍は薬での治療が難しく、原則手術での治療となります。妊娠を望まれている女性の方には、腫瘍の部分だけを取り除く方法での手術が主となりますが、腫瘍が大きい場合や、卵巣茎捻転、卵巣破裂などによって卵巣を残しておくことが不可能な場合、悪性である場合には卵巣をすべて摘出します。悪性の場合は、卵巣だけでなく卵管や周辺のリンパ節などがんの病変が進んでいる部分も一緒に切除してしまいます。卵巣は2つあるため、1つ摘出したとしても妊娠をすることな可能となります。

悪性の場合や腫瘍が大きい場合には、開腹手術といい、お腹を開いて卵巣を摘出しますが、腫瘍が小さいという場合やお腹の手術をしたことないという方、身体状態が安定してい健康な方の場合は小さな穴をお腹にあけて腫瘍を取り出す腹腔鏡下術が主流になりつつあります。悪性の腫瘍であり手術が難しい場合には放射線療法や化学療法をしつつ、辛い症状を和らげるための薬物療法がおこなわれることがあります。

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:9月26日

参考文献

公益社団法人日本婦人科腫瘍学会 https://jsgo.or.jp/public/ransou.html

公益社団法人日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=12

関連記事