卵巣がんってなに?症状・原因・治療などについて

女性生殖器系のがんであり女性特有のがんでもある卵巣がん。卵巣がんがどういった病気なのか、詳しく解説していきます。

卵巣がんとは?卵巣がんの原因って?

卵巣がんとは卵巣にできた悪性の腫瘍のことを言います。卵巣がんは、がんが発生する組織別に上皮性腫瘍、胚細胞性腫瘍、性索間質性腫瘍などに分類することができるのですが、卵巣がんの多くが卵巣の表層をおおう細胞に由来する上皮性腫瘍で、卵巣がんの約9割がこれにあたります。

卵巣がんの原因にはさまざまなものが考えられていますが、約10%は遺伝的な要因があるとされています。ほかにも、排卵の回数が多いと卵巣がんになりやすいと考えられているため、妊娠や出産の経験がないという場合や、初経が早く閉経が遅いという場合には卵巣がんを発症するリスクが高くなるといえます。

また、卵巣は他の臓器のように密接な関係になく、卵管につながれてぷかぷかと浮いている臓器になります。そのため、卵巣がんが新子すると腹膜播種といい、お腹の中にがんがばらまかれて広がりやすくなったり、大腸、小腸、横隔膜、脾臓などほかの臓器に転移する可能性があったりします。

卵巣がんの症状は?

卵巣がんは、早期の場合症状はほとんどありません。そのため、がんが進行してから発見されることがほとんどです。

多くの方が病院を受診するきっかけとなるのがお腹を触った時にしこりのようなものが触れる、おなかが張る、トイレが近い、食欲が低下したという症状が出た時です。これらの症状は卵巣がん以外にも生じることがあるため、気のせいだとして受診をしないとどんどんがんが進行して根治が望めないという状態になってしまいます。そのため、急激にお腹が張ってきたという方や、お腹が痛みだしたという方は、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

卵巣がんの検査と治療方法は?

卵巣がんの検査は、卵巣腫瘍と同じくまずは問診で症状を確認してから、経腟超音波検査で膣の中に超音波を挿入して、子宮の中から直接超音波にて卵巣の大きさや内部の状態などを観察します。

この検査で卵巣がんである可能性が強くなった場合には、CTやMRI検査などの画像検査を併用して、卵巣の状態だけでなく子宮、膀胱、直腸などの他臓器との関係や、腫瘍内部の性状、リンパ節の腫大の有無などを観察していきます。また、血液検査で卵巣のがんの可能性があるかどうかを腫瘍マーカーというものを用いて確認していきます。卵巣がんの確定診断は検査のみでは難しく、100%確定させるためには、手術をして卵巣の細胞を切り取り病理検査をすることが必要です。

卵巣がんの治療方法は卵巣がんのステージによって異なりますが、原則は手術を行ってがんの部分を切除するという治療法になります。ですが早期発見が難しいということもあり、発見できた頃には主要部分だけを摘出することは難しく、基本的には両側の卵巣を全て切除し、周辺のリンパ節や子宮の切除も必要となることがあります。

ですが、全ての卵巣や子宮を摘出してしまうとその後子どもを授かることができなくなるという観点から、一部の腫瘍を摘出して、子どもを妊娠して改めて手術をするという方法や、ステージが低いという場合や早期に発見できたという場合には主治医がこまめに経過を見ながら手術で可能な限りの腫瘍を摘出するという方法もありますが、その間に病気が進行したり命に関わったりすることもあるので、この点については主治医と十分にご相談ください。

がんが広範囲であるという場合や一度に取り切れないという場合にはできるだけ多くの腫瘍を取り除いていきます。ほかにも、がんが広範囲に及んでいるあるいは恒例で手術に耐えきることが難しい等、手術の適応外となってしまった場合には、抗がん剤や放射線を用いて治療を行います。手術をされた方でも手術後にこれらの治療を行うこともあります。

卵巣がんは進行した状態で発見されることが多いこともあり、手術の痕に化学療法を行うことがほとんどです。また、もしも早期に発見できたとしても、再発の危険を鑑みて、術後に化学療法を行うことがあります。また、化学療法と並行して分子標的治療を行うこともできますが、この治療自体できるところが限られていますので、がん治療を行う医療機関にご相談ください。

卵巣がんの予後は?卵巣がんの予防はできないの?

卵巣がんの予後は卵巣がんのステージなどにもよりますが、卵巣がんの手術をした後に抗がん剤の治療を行うということがポイントとなります。もしも、卵巣がんの手術をした後に抗がん剤の治療を行った場合、卵巣がんが転移をしておらず、卵巣のみにがんが限局していれば5年生存率は90%程度としています。

一方、がんが他の臓器にまで転移してしまっていると5年生存率は手術と抗がん剤治療を行った場合でも約30%と推測されています。分子標的治療を行った場合では5年生存率はさらに良くなるともいわれています。

卵巣がんは子宮頸がんなどのように、ワクチンなどで予防することができません。ですが、日本人を対象とした研究結果では、卵巣がんの予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形の維持などが効果的といわれていますので、実践してみてはいかがでしょうか。

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:9月26日

参考文献

国立がん研究センター https://ganjoho.jp/public/cancer/ovary/

日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=12

関連記事