40代の生理はどう変わる?

生理がこなくなった=更年期と捉える方も多くいらっしゃるようですが、更年期と生理はイコールの関係性ではございません。

今回は、更年期と生理の関係性について正しい情報を詳しくご紹介します。

40代で生理がこなくなったら更年期?閉経するのはいつ?

更年期とは閉経のことを指すのではなく、閉経する前後10年のことを指します。つまり、閉経していなくても更年期となることもあります。そして閉経とは、卵巣の活動性が次第に消失し、月経が永久に停止した状態のことをいい、月経が来ない状態が12ヶ月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。日本人の閉経年齢は平均して50歳としていますが、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎え、個人差が非常に大きいことが特徴です。

また、40歳未満で閉経が起こることもあり、この早い時期の閉経は早期閉経と言われ、卵巣不全と呼ばれることもあります。また、喫煙習慣がある人、高地に住んでいる人、栄養不良である人は50歳よりも前に閉経をすることがあるといわれています。

卵巣の機能が完全に低下するため、エストロゲンなど女性ホルモンの分泌はされているものの濃度は低下するため、子宮の機能がしっかりとしていたとしても閉経をしてしまうと妊娠をすることはできません。

さらに、閉経に移行する時期は生理の周期も乱れがちで出血が少量だったり、1周期生理がこなかったりと生理不順になることもあります。おりものの量や質も変化しがちで、茶色いおりものが出るようになった、おりものの量が減ったという場合も閉経に近づいているサインとなると言えます。

40代になるとホルモンが乱れやすくなるの?婦人科で治療するべき?

女性ホルモンの分泌のピークは20~30歳代であり、40代に入ると急激に女性ホルモンの分泌が低下します。よく耳にする更年期障害では、更年期に入り女性ホルモンの分泌が急激に低下することに加えて、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが更年期に差し掛かる時期に変動が非常に激しくなります。これによってホルモンバランスが乱れた結果、さまざまな症状が引き起こされることを言います。ですが、この更年期障害は更年期に入った全ての人に起こるということではなく、中にはおこらない人もいます。

更年期障害はホルモンバランスの乱れに加えて心的ストレスや性格的なものが関与しているといわれています。ですので、大した症状がなかったりあるいは症状を感じなかったりする方もいるようです。また、趣味がなかったりストレスをうまくマネージメントする力がなかったりしても更年期障害を引き起こしやすくなると考えられています。

更年期障害の症状は、血管の拡張と放熱に伴うほてりやのぼせ、発汗に加え、冷え、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れ、肩こり、腰痛、関節痛、疲労感、乾燥、かゆみ、湿疹などの皮膚の不快症状、おりものの分泌量低下、性交痛、頻尿、尿失禁、膀胱炎などがあります。さらに、精神的な症状もよくみられる症状の一つでイライラ、不安感、不眠、抑うつ、無気力も症状として見られます。

またこれらはあくまで一例で、他にもさまざまなものがあります。全て自分の身体が不調な時に感じやすい症状ですし、更年期でなくてもこれらの症状が出ていたという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、多くの方はこれらの症状が出た時に「更年期だから」の一言で終わらせてしまう傾向にあるようです。

とはいえ、全ての症状を更年期だからという理由で片付けてしまうと大きな病気などの予兆に気づけないということもあります。特に更年期にあたる時期は女性もさまざまな病気になりやすい時期でもあるため、病院で一度更年期による諸症状かどうかを検査することをおすすめしています。

クリニックフォアグループでは更年期と閉経における相談を随時受けて受けております。本当に更年期が原因で出現している諸症状であるかどうか判断するために、血液検査などを行うことも可能です。また、更年期障害によって日常生活へ支障が出ているという方には、漢方薬などのお薬を使って更年期障害の治療も行わせていただきます。

すでに自分は閉経しているのか知りたい、今起こっている症状は更年期によるものなのか知りたいという方は一度クリニックフォアグループの医師へご相談ください。

公開日:7月30日

監修:クリニックフォアグループ医師

関連記事