生理がきてもそのまま偽薬を飲み続けていいの?次のシートに行くべき?

低用量ピルには2つの種類があります。1つは、1シート服用が終わった後に休薬期間を7日間を設けて次のシートを服用するという21錠タイプ、もう1つは、1シートの中にホルモンの成分が含まれていない偽薬という錠剤が含まれており、1シート全ての服用を終えてから次のシートに移る28錠タイプです。

この28錠タイプは、お薬の服用を習慣づける効果があるのですが、その一方で、服用に慣れていない方は、この休薬期間に出血があった場合にどう対応していいか悩まれる方も多いようですそのため、ここでは、28錠タイプを服用している方から質問の多い偽薬服用中に生理が来た場合について解説します。

低用量ピルは、ホルモンを配合している21錠の服用が終了してから3日前後で消退出血といい生理のような出血が起こるようになっています。服用を開始した際には、生理1~5日目に服用をしなければならないのですが、初回服用の次の周期については生理初日にまた新しくお薬を服用するという必要はありません。初回服用の周期に生理が来てもそのまま偽薬を飲み続けてくださいそして、偽薬がすべて終了したら、その時に生理が終わっていても続いていてもまた新しいシートに移って服用を開始してください。

低用量ピルの服用についてわからないことや気になることがある場合には自己判断で解決せずに、低用量ピルを処方された医療機関に相談されることをおすすめします。

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:10月3日

参考文献

日本産科婦人科学会 https://pill-senpai.com/wp-content/uploads/2018/10/oc-lep-guidelines.pdf

あすか製薬株式会社 https://www.aska-pharma.co.jp/general/oc/oc1.html

株式会社バイヤー https://www.seirino-mikata.jp/knowledge/how/

https://gynecology.bayer.jp/static/pdf/TRQ180901.pdf

関連記事