プラノバールを使用した避妊は本当に適切なの?

モーニングアフターピルの一種であるプラノバール。プラノバールとはどんな効果が期待でき、他のアフターピルとどのような違いがあるのかについて詳しく解説していきます。

プラノバールってどんな薬?避妊効果はどのくらいあるの?

プラノバールは中用量ピルのひとつで、ノルゲストレルとエチニルエストラジオールという2つの成分を含有している黄体・卵胞ホルモン配合剤です。

中用量ピルですので、元々は低用量ピルと同様に毎日継続して服用することで、避妊の効果を発揮したり、機能性子宮出血、月経困難症、月経周期異常(稀発月経、頻発月経)、過多月経、子宮内膜症、卵巣機能不全など婦人科系の疾患の治療に用いられたりします。また、月経移動といい、月経の周期をずらす治療に用いられることもあります。

しかしこの報告は、低用量ピルと同様に経口避妊薬として毎日服用を続けた場合です。モーニングアフターピルとしてプラノバールを使用した場合の避妊率は避妊なしの性行為後24時間以内に服用することができた場合で77%避妊に成功するものの、この24時間を過ぎると避妊の成功率はガクッと下がり、48時間以内で36%、72時間以内で31%となります。

プラノバールを用いた緊急避妊法はどれだけ早くプラノバールを服用できるかがカギとなるのです。プラノバールをアフターピルとして服用する場合にはまず72時間以内にプラノバールを2錠服用し、さらに12時間後にもう2錠服用することが必要となります。

プラノバールの副作用は?

プラノバールの副作用は吐き気、嘔吐、食欲不振が出現する可能性が非常に高く、とある研究によると、プラノバールによる緊急避妊法を行った方の50.1%に吐き気がみられ、14.8%に嘔吐が出現していました。そのため、せっかくお薬を服用したのに吐いてしまい、お薬の効果があったのかどうかが分からない、プラノバールを服用したのに吐き戻してしまい妊娠してしまったという事例もしばしばあります。

その他にも下腹部痛、頭痛、だるさ、下痢などの副作用も確立としては低いものの認められています。

他のモーニングアフターピルと何が違うの?

現在、日本で主流となっている緊急避妊法はレボノルゲストレルと、エラワン(ella one)という薬剤を使用した避妊方法です。そもそも、一昔前までの避妊方法はプラノバールをはじめとする中用量ピルを使用したヤッペ法が基本でした。

しかし、レボノルゲストレルが主流となったのには3つの理由があります。

1つは先ほどもご紹介したようにプラノバールは副作用が強く、せっかく服用しても吐いてしまってお薬の効果が得られなかったという事例が多々あったということです。しかし、レボノルゲストレルは副作用の発症頻度が低く安全性が高いという特徴があります。

2つ目は服用の煩雑さです。プラノバールは避妊なしの性行為後に2錠服用し、12時間後にさらに2錠服用するということが必要で手間がかかるという特徴もあります。ですが、レボノルゲストレルは避妊なしの性行為後に1錠服用するだけで効果が得られるため手軽に服用できるという違いがあります。

3つ目は、避妊率です。レボノルゲストレルは24時間以内に服用することで避妊率は約95%、48時間以内でも約85%の避妊率が挙げられています。この避妊率の高さもレボノルゲストレルが選ばれるポイントとなっているのです。

もうひとつ、近年注目されているアフターピルにella oneというお薬があります。ella oneとは、ウリプリスタール酢酸エステルが主成分となり、子宮筋腫治療や月経過多の治療薬に用いられています。

ella oneは排卵抑制と受精卵の着床阻止の効果があるお薬ですが、その最大の特徴が避妊なしで性行為をしてから120時間以内に服用しても効果があるということです。もちろん早く服用できればできるほど高い効果が期待できるのですが、72時間以内に服用したとしてもその避妊率は97.8%と他のアフターピルと比較しても高い効果が得られます。レボノルゲストレルと同様に避妊なしの性行為後1錠のみの服用でよく、副作用はあるものの、吐き戻して服用困難になるということが少ないのもポイントです。このことから、当院ではアフターピルの新しい選択としてella oneをご検討いただくことをおすすめしています

クリニックフォアグループでは、アフターピル(ella one、レボノルゲストレル)をオンラインで処方させていただいております。面倒な手続きやアプリの登録などは不要で、当院のサイト上より予約をお取りいただき、診療時間にカメラ付きのスマートフォンやパソコンをおつなぎ頂くことで診療をスタートできます。クレジット決済が確認できたタイミングでお薬の発送を開始しますので、最短翌日にお手元にお薬を届けることができます。

アフターピルは、24時間以内であれば極めて高い避妊率であるため、早く飲むことが極めて重要です。平日夜間・週末も診療を行っているクリニックフォアグループをぜひご活用ください。

↓↓最短即日発送!

アフターピルのオンライン診療はこちら

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:10月3日

参考文献

あすか製薬 添付文書 https://www.aska-pharma.co.jp/iryouiyaku/news/filedownload.php?name=14f42d244f77c0d53318ed0e7d85bcd7.pdf

日本産科婦人科学会

http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

あすか製薬株式会社 https://kabuyoho.jp/discloseDetail?rid=20191126430821&pid=140120191126430821

MSD https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E5%AE%B6%E6%97%8F%E8%A8%88

関連記事