アフターピルを通販で購入するのは危険なの?

避妊なしでの性行為後になるべく早く服用することが望ましいアフターピル。そのため、通販に頼ると考える方も少なくないでしょう。しかし、アフターピルを通販に頼ることは危険であるといえます。

アフターピルを通販に頼ることがなぜ危険なのかを詳しく解説していきます。

アフターピルを通販で購入するのはなぜ危険なの?

アフターピルを通販で購入することが危険な理由は2つあります。

1つはアフターピルが本物ではないという可能性があるからです。特に海外の通販で販売されているアフターピルには偽物が横行しており、アフターピルに限らず、アフリカ、アジア、そしてラテンアメリカの特定の地域では偽物の薬の割合が30%以上にもなるとされています。そのため、海外経由で購入したアフターピルは偽物である可能性がかなり高いとされています。特に、輸入代行業者やインターネット薬局を謳うサイトでは、グローバルな観点から調査するとかなりの数の非合法なものの存在が報告されており、厚生労働省も医薬品の流通経路としては注意すべきものとしています。

もう1つは、日本で流通しているアフターピルと成分量が異なるという危険性があるからです。アフターピルという名称であり、レボノルゲストレルが含有されていてもその量が不十分であり、効果が発揮できず、お薬を使ったはよいものの妊娠してしまったという事例も少なくありません。また、逆に成分量が日本で流通しているものよりも多く、副作用が強く出てしまった、体調不良となってしまったという例もあります。

日本では、1回に1.5mgのレボノルゲストレルを服用するということがガイドラインでも定められています。この量よりも少なければ効果が得られませんしこれより多ければ副作用が強く見られたり体調を崩す可能性があったりします。特に、インターネット上で購入したお薬を服用したことによって起こった体調不良については医療機関で診察が難航したり、どんな成分が含有されたお薬を使用しているかわからないという観点から診療をしてもらえなかったりすることもあります。このことから、アフターピルを通販で購入して服用することがおすすめできないのです。

特に、医療機関で処方してもらうよりもあからさまに価格が安いアフターピルは偽物の可能性があるため注意が必要です。

アフターピルは自己判断で服用しない方がいい?

アフターピルも薬品ですので副作用や禁忌といい服用してはいけない人がいます。心臓や肝臓に障害のある方、妊娠中の方やアフターピルの成分に過敏症のある方のアフターピルの服用は禁止されています。また、抗けいれん薬やHIVの治療薬を服用されている方は、アフターピルとこれらのお薬の併用が禁じられています。そのため、ここに該当するお薬を使用している方や、肝臓や心臓に障害のある方が自己判断で通販で購入したアフターピルを服用することで、自分の身体に影響を及ぼしたり、せっかく服用したアフターピルに何の効果も得られなかったりすることがあります。通販で購入される場合には本来対面での診療で処方される場合に説明される副作用の説明や併用禁忌の説明が抜けているため、この事実を理解せずに服用してしまうことがあるのです。

また、アフターピルの副作用として嘔気や嘔吐をする可能性もあるとしています。通販で購入したアフターピルの成分量が多く、副作用によって嘔吐をしてしまった場合も十分に成分を体内に吸収することができずに、効果を得られない可能性があります。そしてこの副作用で医療機関を受診したとしても、診察をして漏れないという可能性があるのです。このことから、アフターピルを通販で購入して自己判断で服用することがおすすめできないのです。

アフターピルの処方はオンライン診療なら問題なし?

通販ではなく医療機関で処方してもらえば問題ないと思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、このオンライン診療にも実は落とし穴があります。厚生労働省ではオンライン診療を行う場合原則としてスマートフォンやパソコンのカメラ機能を使用して顔を見ながら診療を行う、もしくは顔を見られなくても電話でやり取りをすることを推奨しています。ですが、やむを得ない場合ではチャットで診療を行うこともあります。

チャットの場合顔が見えないということもあり、誰が返信をしているのかが分かりません。特に厚生労働省は「オンライン診療は、文字、写真及び録画動画のみのやりとりで完結してはならない。」としています。そのため、チャットのみで診療を完結しており、受診をすることができないという医療機関については、医師が診察しているかどうかが不明確であるという観点からもあまり信頼することができません。

クリニックフォアグループでは、アフターピルの処方にビデオチャットもしくは電話でのオンライン診療を活用しております。オンライン診療なので、病院に直接受信する手間がなく、初診の方でもアプリなどのダウンロードをせずに診察を受けることができます。クレジット決済が確認できたタイミングでお薬の発送を開始しますので、最短翌日にお手元にお薬を届けることができます。

アフターピルは、24時間以内であれば極めて高い避妊率であるため、早く飲むことが極めて重要です。平日夜間・週末も診療を行っているクリニックフォアグループをぜひご活用ください。

↓↓最短即日発送!

アフターピルのオンライン診療はこちら

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:9月25日

参考文献

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000496181.pdf

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00010.htmlhttps://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000043359_1.pdf

厚生労働省検疫所 https://www.forth.go.jp/useful/attention/06.html

関連記事