毎日摂るべき?乳酸菌について

乳酸菌ブームともいわれる昨今、毎日乳酸菌を摂ろうと意識している人も多いのではないでしょうか。実は乳酸菌は、皆さんがよく知っている効果である腸内環境への効果だけでなく、月経前症候群、いわゆるPMSにも効果があるといわれています。

今回はこの乳酸菌の効果について詳しくご紹介します。

 

乳酸菌ってなに?どうやって摂取するのがいいの?

乳酸菌とは「発酵によって糖から乳酸をつくる嫌気性の微生物の総称」といわれています。人に有益な細菌のため、善玉菌とも呼ばれています。

乳酸菌は発酵食品に多く含まれる菌で、ヨーグルトや漬物、チーズや日本酒などの製造に使われています。ヨーグルトを作るために使われるビフィズス菌も乳酸菌の一種です。乳酸菌の効果が科学的に証明され始めたことに伴い、人の健康に良い効果をもたらしてくれる微生物として、近年ますます注目を集めています。

乳酸菌はさまざまな形状で摂取することができ、カプセルや錠剤といった形態のサプリメントのほか、ヨーグルト飲料のタイプや、タブレットタイプなどの商品もあります。味もヨーグルト風味のものが多いため、数あるサプリメントの中でおいしく摂取できるでしょう。ですので、自分の味の好みに合わせてサプリメントを選ぶことができるのがポイントです。

どんな効果があるの?

乳酸菌は別名、プロバイオティクスと呼ばれます。プロバイオティクスを服用することで、腸内フローラのバランスを整えてくれる効果が期待できます。近年、「腸活」と言い腸内環境を整えて病気を回避するという考え方も提唱されており、乳酸菌のサプリはこの考え方に基づくものと言えるでしょう。

乳酸菌にはPMSの症状を和らげる効果が期待できます。例えば、PMSによる便秘や腹部膨満の解消や、腸内環境改善に伴うにきびや肌荒れの改善などに効果があるとされています。
ですので、PMSの症状を少しでも和らげたいという方は、乳酸菌を積極的に摂取するとよいでしょう。

また、便通が整い、便秘が解消すること以外にもコレステロールの低下や、、動脈硬化を予防する、免疫力を高めてがんを予防するといった効果の報告もあり、私たちの健康をトータルサポートしてくれるのが乳酸菌の特徴であるといえます。

乳酸菌はそもそも人の体内に元来存在している菌ですので、例え大量に摂ったとしても重篤な副作用など健康に害を及ぼすことはありません。また、大量に摂ってしまったとしても、2~3日ほどで体内から完全に排出されるといわれております。そのため多くの効果を期待しようと、一度に大量に摂ろうとしても効果がありません。毎日少しずつ継続して摂取することで、乳酸菌の効果が得られると言えるでしょう。

↓乳酸菌配合の

PMS改善サプリメントについて

 

関連記事